fc2ブログ

NHK、郵便法違反

こんなニュースがありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
総務省は14日、NHKが郵便法に違反していたとして行政指導した。NHKは法令が禁じる信書の配達委託を行っていたという。対象の総数は約2070万通。

22/12/14 17時27分共同通信
https://www.47news.jp/8690663.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ニュース記事ここまで:


NHKが、日本人に対して放送料強制徴収文書を送り付け、違法な脅迫を行って来たようです。
この犯罪集団に対して、総務省(政府)は行政指導と言いながら何の罰も与えないようです。
この行政指導も政治家からの圧力により仕方なく行ったようで、重責を担う放送局への重罰を政府は一切行う気が無いようです。

NHKの強制徴収権自体が一切正当性のない法律であり、この様な法律を存続させている政府自体がNHK利権とズブズブである事、そして国民の利益を第一と考えていない事、がよく判るニュースとなっております。

過去のマスコミ犯罪に「郵便法違反」が追加となります。

当店が認識している過去のマスコミ犯罪:
盗聴、盗撮、付きまとい、脅迫、恐喝、自殺強要、個人情報晒し、強姦、児童買春、ポルノ禁止法違反、強制わいせつ、準強制わいせつ、準強制性交、ドラッグ、大麻取締法違反(所持)、公職選挙法違反、保護責任者遺棄、暴行、傷害、器物破損、名誉棄損、信用棄損、侮辱罪、不法侵入、公共の場を不法占拠、不退去罪、虚偽報道、フェイクニュース、詐欺、横領、窃盗、万引き、共謀罪(テロ等準備罪)、偽証罪、文化財保護法違反、放送法違反、郵便法違反、一般企業への業務妨害、公的機関への業務妨害、GPS発信機を取材対象の車に取付ける(具体的な犯罪名は判りませんが悪質な情報収集)、暴力団員への名義貸し、
調べればまだまだ出て来るかと思われます。

この様にマスコミは、超極悪犯罪常習組織である事を皆さんもお忘れなく。

因みに、当店では匿名掲示板への書き込みといった、ネットでの匿名工作を1度も行った事がございませんので、なりすましにご注意ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ



このブログは無料で閲覧できるブログとなっておりますが、ご寄付や情報料金としてのご入金を受け付けております。
お役に立った情報がございましたら、お客様の任意の金額をご入金頂けますと大変にブログ運営の励みとなります。
お値段は問いませんので、当ブログの情報をご利用いただいている方はよろしくお願い致します。
⇒ 情報料金のご入金ページ


スポンサーサイト



tag : ニュースマスコミ犯罪テレビ

「政府が世論工作をしている」というマスコミの世論工作

こんなニュースがありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
防衛省、フェイクニュース対策強化へ AIによる自動情報収集機能の整備も “世論誘導研究”一部報道を否定

政府は、いわゆる「フェイクニュース」による情報戦に対応するため、防衛省の情報本部を中心とした対策の強化に乗り出しました。

ロシアのウクライナ侵攻では、AI=人工知能を使って作られた「ディープフェイク動画」が注目され、日本でも今年4月にSNSを使った発信の真偽や意図を分析し、フェイクニュースによる世論誘導を防ぐ役割を担う「グローバル戦略情報官」が防衛省に新設されています。

防衛省では、こうしたフェイクニュース対策をさらに強化するため、●フェイクニュースによる情報戦に確実に対処できる体制の構築と対外発信の強化や、●情報本部でAIを活用した公開情報の自動収集・分析機能を整備すること、などが検討されています。今週中にも改定される安保関連3文書の中にも盛り込まれる見通しです。

こうした中、防衛省は、「AI技術を使って国内世論を誘導する工作の研究に着手した」などとする一部報道について「全くの事実誤認であり、防衛省として、国内世論を特定の方向に誘導することを目的とした取り組みを行うことはありえない」と明確に否定しました。(以下略

全文はリンク先へ
[TBS 2022.12.11]
https://news.yahoo.co.jp/articles/d8b038939ca726e825eb51090fe0c9fd5e3bb924
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ニュース記事ここまで:


先日、敵国のフェイクニュース工作が行われている事実を、政府が認めた記事を上げさせて頂きました。

敵国側であるマスコミが、自身の悪事を指摘され逆切れしたのかどうかは判りませんが、「政府がフェイクニュースによる世論工作をやっている」と言い出したようです。
防衛省(政府側)はこれを否定しております。

このニュースこそが、マスコミが世論工作の為に行っているマスコミ発のフェイクニュースであり、マスコミがフェイクニュース常習者であることの証明となります。

当店が認識している過去のマスコミ犯罪:
盗聴、盗撮、付きまとい、脅迫、恐喝、自殺強要、個人情報晒し、強姦、児童買春、ポルノ禁止法違反、強制わいせつ、準強制わいせつ、準強制性交、ドラッグ、大麻取締法違反(所持)、公職選挙法違反、保護責任者遺棄、暴行、傷害、器物破損、名誉棄損、信用棄損、侮辱罪、不法侵入、公共の場を不法占拠、不退去罪、虚偽報道、フェイクニュース、詐欺、横領、窃盗、万引き、共謀罪(テロ等準備罪)、偽証罪、文化財保護法違反、放送法違反、一般企業への業務妨害、公的機関への業務妨害、GPS発信機を取材対象の車に取付ける(具体的な犯罪名は判りませんが悪質な情報収集)、暴力団員への名義貸し、
調べればまだまだ出て来るかと思われます。

この様にマスコミは、超極悪犯罪常習組織である事を皆さんもお忘れなく。

因みに、当店では匿名掲示板への書き込みといった、ネットでの匿名工作を1度も行った事がございませんので、なりすましにご注意ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ



このブログは無料で閲覧できるブログとなっておりますが、ご寄付や情報料金としてのご入金を受け付けております。
お役に立った情報がございましたら、お客様の任意の金額をご入金頂けますと大変にブログ運営の励みとなります。
お値段は問いませんので、当ブログの情報をご利用いただいている方はよろしくお願い致します。
⇒ 情報料金のご入金ページ


tag : ニュースマスコミ

TBS系アナウンサーの横領

こんなニュースがありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
名古屋を中心とした中部地方を対象とするTBS系放送局・CBCテレビで、衝撃的な事件が起きていたことが明らかになった。現役社員、それも人気アナウンサーが労働組合費を横領していたのだ。

その額、実に4000万円。着服していたのは、入社10年目の江田亮アナ(33)だ。

江田アナは早稲田大学を卒業後、’13年にCBCテレビに入社。CBCの看板番組である『キユーピー3分クッキング』や『ゴゴスマ』に出演していた。人気アナウンサーが横領とはいったいどういうことなのか。内情をよく知る関係者が語る。

「発覚したのは今年9月頃、労働組合の役員改選があり、組合長と財務部長が交代したことがきっかけでした。新しい組合長が、’18~’21年に財務部長だった江田に組合費を確認したいから通帳を出してほしいと伝えたところ、『破棄した』と言う。不審に思い電子記録を確認・調査すると辻褄の合わないことが多い。最終的に江田はなんと4000万円も着服していたことを認めたのです」(内部関係者)

4000万円もの大金を江田は何に使っていたというのか。

「江田は組合の調査に対し『投資に使った』と言っています。しかも投資の才能があったのか、横領したお金を溶かすことなく、なんと1000万円以上の利益を出していたと聞いています」(同前)

江田は発覚を恐れてか、横領していた4000万円のうち3500万円を今年の9月には返金していた。最終的には不足していた500万円についても横領を認め、返金。ただ、投資で儲けた約1000万円は返金していないという。

全文はこちら
https://friday.kodansha.co.jp/article/279240?page=1
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ニュース記事ここまで:


TBS系放送局・CBCテレビのアナウンサーだそうで、TBSではないそうです。
TBSは敵国韓国朝鮮系が多い企業として有名です。
これらの敵国人の多くは日本国に敵対意識を持っており、私利私欲を満たす為には日本国の法律を守ろうとは考えておりません。

このCBCテレビという放送局が、TBS同様に韓国朝鮮系が多い企業かどうかは判りませんが、この敵国韓国朝鮮系の強欲さの影響を強く受けている可能性は、かなり高いだろうと思われます。
これらの放送局は放送免許を扱ってはいても民間企業ですので、会社が許せばこの様な横領を隠蔽する事は可能です。
他の放送局でもこの様な事件が起きていても、社会的体裁を気にして隠蔽されている事も容易に想像できます。

当店が認識している過去のマスコミ犯罪:
盗聴、盗撮、付きまとい、脅迫、恐喝、自殺強要、個人情報晒し、強姦、児童買春、ポルノ禁止法違反、強制わいせつ、準強制わいせつ、準強制性交、ドラッグ、大麻取締法違反(所持)、公職選挙法違反、保護責任者遺棄、暴行、傷害、器物破損、名誉棄損、信用棄損、侮辱罪、不法侵入、公共の場を不法占拠、不退去罪、虚偽報道、フェイクニュース、詐欺、横領、窃盗、万引き、共謀罪(テロ等準備罪)、偽証罪、文化財保護法違反、放送法違反、一般企業への業務妨害、公的機関への業務妨害、GPS発信機を取材対象の車に取付ける(具体的な犯罪名は判りませんが悪質な情報収集)、暴力団員への名義貸し、
調べればまだまだ出て来るかと思われます。

この様にマスコミは、超極悪犯罪常習組織である事を皆さんもお忘れなく。

因みに、当店では匿名掲示板への書き込みといった、ネットでの匿名工作を1度も行った事がございませんので、なりすましにご注意ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ



このブログは無料で閲覧できるブログとなっておりますが、ご寄付や情報料金としてのご入金を受け付けております。
お役に立った情報がございましたら、お客様の任意の金額をご入金頂けますと大変にブログ運営の励みとなります。
お値段は問いませんので、当ブログの情報をご利用いただいている方はよろしくお願い致します。
⇒ 情報料金のご入金ページ


tag : ニューステレビマスコミ犯罪

政府のフェイクニュース対策

こんなニュースがありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【独自】フェイクニュース対策を強化 防衛省 情報本部を中心に
12/7(水) 14:39配信
FNNプライムオンライン(フジテレビ系)

ニセの情報でつくられた、いわゆる「フェイクニュース」について、政府が、防衛省の情報本部を中心に対策を強化する方針であることがFNNの取材でわかった。

政府関係者によると、防衛省は各国が発信する情報の分析を行う情報本部を中心に、フェイクニュース対策を強化する方針で、年内に改定する「国家安全保障戦略」などに盛り込まれる見通し。

フェイクニュースによる情報戦は、ロシアのウクライナ侵攻でも注目されたが、新たな対策では、フェイクニュースを迅速な情報発信で打ち消すとともに、中国などによる執拗な挑発行動の実態も海外に向け発信するという。
https://news.yahoo.co.jp/articles/14f25ddc4982bed13a4548c1d7776c9d88a32d6b
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ニュース記事ここまで:


当サイトで前々から申し上げてきたように、敵国側が日本潰しの為に発信するフェイクニュースが世の中に溢れている事を、この度に日本政府も認めるようになったようです。
日本のマスコミは敵国である中国韓国に多額の援助を貰っている事は既に証明されております。
その敵国からの援助により、敵国有利な嘘報道を行って来たことは、当サイトで前々から申し上げております。

皆さんは、過去にフジテレビが放送法違反により放送免許をはく奪される事態になった事をご存じでしょうか?
その時に日本政府もマスコミと結託して、フジテレビを存命させました。
政府関係者も、マスコミに自身の親族を入社させるなど、マスコミ利権とズブズブの人間たちが多数いる為です。
マスコミはこの様に、自身がどんな悪事を働いても罰を受けないと考えておりますので、虚偽報道や犯罪の常習組織と化しております。

敵国側はネットでの工作活動も行っていると思われますが、ネット上では誰でも発信できるが故に言論のバランスはとれております。
それに対して殆どのマスコミは敵国側に買収され、敵国有利な報道を躊躇せず行っております。

ネット上のフェイクニュースへ罰を与えるのであれば、責任の重いマスコミへの罰はさらに重いものにするべきでしょう。


当店が認識している過去のマスコミ犯罪:
盗聴、盗撮、付きまとい、脅迫、恐喝、自殺強要、個人情報晒し、強姦、児童買春、ポルノ禁止法違反、強制わいせつ、準強制わいせつ、準強制性交、ドラッグ、大麻取締法違反(所持)、公職選挙法違反、保護責任者遺棄、暴行、傷害、器物破損、名誉棄損、信用棄損、侮辱罪、不法侵入、公共の場を不法占拠、不退去罪、虚偽報道、フェイクニュース、詐欺、横領、窃盗、万引き、共謀罪(テロ等準備罪)、偽証罪、文化財保護法違反、放送法違反、一般企業への業務妨害、公的機関への業務妨害、GPS発信機を取材対象の車に取付ける(具体的な犯罪名は判りませんが悪質な情報収集)、暴力団員への名義貸し、
調べればまだまだ出て来るかと思われます。

この様にマスコミは、超極悪犯罪常習組織である事を皆さんもお忘れなく。

因みに、当店では匿名掲示板への書き込みといった、ネットでの匿名工作を1度も行った事がございませんので、なりすましにご注意ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ



このブログは無料で閲覧できるブログとなっておりますが、ご寄付や情報料金としてのご入金を受け付けております。
お役に立った情報がございましたら、お客様の任意の金額をご入金頂けますと大変にブログ運営の励みとなります。
お値段は問いませんので、当ブログの情報をご利用いただいている方はよろしくお願い致します。
⇒ 情報料金のご入金ページ


tag : ニュースマスコミテレビ韓国中国