スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の義捐金 20%を被災地に、70%を“独島守護活動”に

近年の韓流ブームやアイドルグループの日本進出により、犬猿の仲といわれた日韓のわだかまりはすっかり解消されたかのようだ。そして東日本大震災の発生後、世界の主要国と同様に、韓国もいち早く日本支援に動いてくれた。震災翌日の12日には救助隊を派遣し、韓国の赤十字社には1日1億円以上の寄付が集まった。韓国ではARSという電話での募金システムが普及しており、1回の電話で2000ウォン(約150円)の募金をしようと多くの人々が日本のために受話器をとったという。

ソウル・衿川区の職員たちも当初は、被災した日本人を思いやってくれる善意の人たちだった。衿川区は人口60万人で、日本人も63人が在住している。約 1000人の区職員たちはお金を出し合い、1200万ウォン(約920万円)もの浄財が集まった。本来ならばそのまま何事もなく日本に全額送金されたことだろう。しかし、3月末、日韓双方が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)問題が、日本の中学教科書の検定結果が明らかになったことで再び注目を集める事態になってしまった。

衿川区の広報課長、シン・ジョンイル氏が語る。「独島を自国領土と捏造した内容をすべての中学校教科書に採択するような敵対的な態度を見せる日本に義捐金を送る必要などないという意見が多数出てきたため、3月31日と4月1日の2日間、職員を対象に『日本の地震被害支援募金の使用方法について』のアンケートを実施しました。 30人から回答が集まり、『主旨通りに使う』が20%、『独島の守護活動を支援する』が70%、その他が10%という結果になりました」

衿川区長チャ・ソンス氏は4月5日、アンケート結果を尊重して、募金のうち20%を日本へ送り、70%を独島守護活動団体に、10%をなぜか戦争性被害者(元従軍慰安婦)の団体に寄付することを発表した。
http://www.news-postseven.com/archives/20110420_17938.html



朝鮮半島人て面白いね。
私に集団ストーカーしてたTBSチョン放送に言動がそっくりです。

(振り出し)
勝手に集ストしといて「お前を選んでやったんだ」とか言う恩着せがましさとか、
ひどい人権侵害するもんだから、気持ち悪いから逃げただけなのにいつまでも追いかけてくる粘着質さとか、
逃げられて悔しいのか、精神障害者扱いして抹殺しようとするたちの悪さとか、
しつこいから、逆に脅しかけるとすぐおとなしくなる気の弱さとか。
気が弱いから、言いたいことがあっても絶対に直接言いに来ないで、集ストに走る卑劣さとか。
(振り出しに戻る)

ほりえもんの「金さえあれば何でも買える」じゃないけど、こんな奴らだから金の力で放送局利用したりしないと、誰にも相手にされないんじゃないの?
テレビはNHK以外ほとんど見ないけど、ネットに書いてあるの見ると、韓国びいきの捏造放送をやりまくってるみたいだもんね、民法は。

逃げられて悔しいからって、自殺に追い込んだり、怒らせて殺人者にしようとしたり、精神障害者扱いしたりして憂さ晴らししないようにね。
ああ、もしかして川田亜子さんも・・・
・・・

朝鮮半島とのつながり捨てて、日本人になったほうが幸せになれるかもよ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。